今更遅い??仮想通貨って何?

仮想通貨

皆さまこんにちは、にゃーお。です。

「仮想通貨」「Bitcoin/ビットコイン」、、、日頃テレビでもニュースが多くでるようになり(最近は規制関係やハッキング被害等ネガティブなニュースが多いですけど)1度や2度はこの言葉を見聞きした事があるのではないでしょうか。

当ブログではまだまだ立ち上げ途中ですが、投資に関する情報を今後積極的に発信していきたいと思っています。そこで今回は記念すべき第1回目として、今更でなかなか聞きづらいかもしれない仮想通貨について記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

仮想通貨って何?






そもそも仮想通貨って何でしょうね・・・?

「仮想??バーチャル?実物が無いってこと??」
「電子マネーのこと?」
「お金とどう交換されるの?」
「そんな得体のしれないのを使っても大丈夫なの??」

その名の通り、仮想通貨とはそのまま現在の通貨に変わる(かもしれない)とされているネットワーク上に存在する仮想の通貨なんです。

・・では「仮想」とはどういう意味なのでしょうか??

これを理解するには通貨の枠組みを知る必要があります。

法定通貨と仮想通貨



普段日常でつかう”円”や”ドル”、”ユーロ”や”ポンド”、これらは「法定通貨」と呼ばれ法令で定められた規則の元、中央銀行が流通量をコントロールする形で各国が発行しています。
これまでの経済的な歴史から金や銀による取引から紙幣と硬貨による取引へと代わり、国際的に流通量のバランスが取れるようコントロールされています。

一方、仮想通貨は国や中央銀行によるコントロールを介入せず、特定の技術で実装された電子データに価値を付与し仕様として事前に定められた発行上限数迄の中で自由に通貨を発行しネットワーク上で国や地域関係なくリアルタイムに取引ができるようになっています。この従来の中央銀行と国によるコントロール下にある法定通貨の運用状況と比べ、発展的な期待を込めて従来の通貨に代わるものとして「仮想」通貨と呼ばれています。
※近年、各国仮想通貨を応用して独自のデジタル通貨の開発を進めており中央銀行発行のデジタル通貨が流通する事で単純に仮想通貨が法定通貨に代わる物とは言い難くなる可能性がある。

分類 仮想通貨
法定通貨
通貨 ビットコイン
アルトコイン
国際決済通貨($,€,¥,£,₣,元)
通常の各国通貨
通貨の発行 マイニングによる発行
トークン発行型プラットフォームによる発行
中央銀行、造幣局による発行
発行上限 通貨仕様による発行上限数が設定されている 国の政策の元、発行数をコントロール
入手手段 仮想通貨取引所で購入
AirDrop,マイニング報酬等で入手
両替商もしくは銀行で外貨両替
FX等の先物市場で購入
価格の特徴 信頼性,需要を元に価格が決まる
・トークンの用途
・利用可能な市場
・暗号化技術によるセキュリティ強度
・ブロックチェーン技術による信頼性
※価格の裏付けとなる現物が無い
基軸通貨(国際為替市場で変動相場制により取り扱う軸となる通貨)のアメリカドルを元にレート計算、
ペトロダラー(原油)として相場を調整

特に一番最後に記載した、通貨価格が決まる仕組みが大きな違いです。

仮想通貨は対等に交換できる事を保証した裏付けとなる物がありません。一方で法定通貨は基軸通貨と現物によって価格が決められています。
今後仮想通貨が真の意味での法定通貨に代わるにはこの流通の仕組み自体を変える必要があります。

スポンサーリンク

仮想通貨の種類



上記の比較表にあるとおり、大きくはビットコインと派生であるアルトコインに分けられます。
仮想通貨は世界で何と!1500種類以上あると言われています。仮想通貨毎に通貨の単位が異なり、円との交換レートも異なります。ここでは有名な通貨をいくつかざっくりと紹介いたします。

Bitcoin ビットコイン

一番の認知度を誇る仮想通貨です。2010年の時のビットコインの価格はなんと10000コインで約2500円!?私はこのときはまだ投資を初めていませんでした・・・
流動性が一番高くすべての取引所で取り扱われており、全てのコインの基軸通貨ともなっています。
昨年度末をピークに調整が入り、ネガティブなイベントが多く重なった事もあり約9ヶ月の間、価格下落の一途をたどっておりますが近々チャートからも底を打ったのではないかと見る節も強くなってきています。

Ethereum イーサリアム

こちらもビットコインと同様、非常に認知度が高いです。新たな仮想通貨を作るための基盤(プラットフォーム)として開発されており、イーサリアム・ネットワークと呼ばれるP2Pネットワーク上でスマート・コントラクトの履行履歴をブロックチェーンに記録していく特徴があります。
実はイーサリアムはプラットフォームの総称であり、通貨じゃないんです。そこで取り扱われるトークンをイーサ(Ether)と呼びこれを通貨として扱います。
ビットコインから遅れてピークを迎えたものの仮想通貨市場全体の影響から価格を大きく落としています。

Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ


ビットコインのハードフォーク(派生分岐開発)により誕生した新しい仮想通貨です。ビットコインの技術的課題であった「スケーラビリティ問題(ネットワーク処理能力の問題から処理速度に大きく影響を与え、処理に時間がかかるだけでなく処理手数料が膨大になってしまう)」を解決するため2017年8月にアクティベートされました。当時解決策の採用の議論のなかでマイナー間で対立が発生しアクティベート後も取引所で誤って送付してしまう等混乱が多く見受けられました。

Ripple リップル

分散型台帳技術を活用し銀行間の送金で速やかに送受金できる事を目的に開発された外国為替・送金ネットワークの総称で、ビットコインでは平均10分程度かかっていた決済をリップルでは数秒で行うことができます。これもイーサリアム同様、リップルの名前はシステム名称で実際はXRPがブリッジ通貨として扱われています。具体的で実現性の高い運用が想定される仮想通貨で投資する価値はあるかと思います。
この記事を書いているとき、底値で跳ねたような動きで値段が急上昇しています。(90%強上昇と記事)
買っておけばよかった・・・w 

LITECOIN ライトコイン

ビットコインの性質を引き継ぎ、その欠点を補い改良する形で誕生したアルトコインです。ビットコインを金に例えてライトコインは銀と定義しています。決済手段として広く利用されることを目的として作られており決済スピードの速さが特徴です。また、アルトコインの中でもいち早くSegwit技術を導入しました。データブロックに多くのトランザクションを格納できるため、早い承認速度で送金できます。

MONERO モネロ

ビットコインの特徴でもある透明性があり追跡可能なブロックチェーンとは真逆に匿名性を重視した仮想通貨です。エスペラント語で「コイン」「硬貨」を意味します。承認目安時間は120秒とビットコインより優れており承認方法はPoWを採用。XMRが通貨として扱われています。

ZCASH ジーキャッシュ

モネロと同様、匿名性を重視した仮想通貨です。取引追跡ができない完璧なプライバシー保護を謳う仮想通貨で、以前はZerocashとも呼ばれていました。この優れた匿名性は、「ゼロ知識証明」という技術によって実現されておりこれが一番の特徴となっている。これを用いる事で仮想通貨の取引量を秘匿した状態で決済が可能となっています。相場はアルトコイン全体の影響を受けていますがまだ市場形成はこれからです。今後の成長が楽しみな通貨です。



スポンサーリンク

仮想通貨の将来性



今回は仮想通貨とは何ぞや?から始まり、主要な通貨を紹介いたしました。
現在もハッキング被害や規制強化の動き、マイニングにおけるディフィカルティ問題等、まだまだ予断を許せない状況が続きます。

しかし何百年と続く現在の市場に比べ仮想通貨市場はまだまだ黎明期です。今後技術的課題の解決が更に進み、規制も整備されていくことで益々市場が発展していくことが予想されます。
将来性は非常に高い!と言えるでしょう。市場の発展にともない益々投資としての価値も高まっていくと思われます。


投資を検討中の方はこれを機にぜひ検討してみてください。少額や積立でも所有することで非常に身近な存在になると思います。

各仮想通貨の詳細や取引所については今後追って紹介記事を作っていきたいと思います。




最後まで記事を読んで頂きありがとうございました!

コメント