レンタルサーバー契約どこがいい?? サービス比較 2018年版

WordPress 導入

みなさんこんにちわ、にゃーお。です。

前回はサーバー導入にあたり「サーバーって何?」からはじまり、サービスの違いを比較する記事を書きました。

利用するサーバーを選ぼう!サーバー比較(2018年版)
みなさんこんにちわ、にゃーお。です。ブログサービス提供業者をチェックしてドメインを決めて・・・いざ契約!!と思ってもちょっと待った!更にもう一歩踏み込んで検討する必要があるんです。情けないことに管理人のにゃーお。は3回もやり直しました。。と

今回はこの記事をふまえ、サービスを提供している業者を比較してみたいと思います!

スポンサーリンク

比較のポイント



今回比較するサービスはどれも非常に知名度や人気が高く実績のあるものです。サーバーの信頼性も非常に高いです。
後は以下のような検討ポイントを踏まえ、費用と相談で決めていく事になると思います。

サーバーのスペックや負荷に対する安定性

上記紹介記事でも書いたのですが、スペック面ではサーバーの構成によって大きく差が出ます。
仮にビジネスで利用する基幹システムやシステム基盤であった場合、高負荷の処理によりサーバー動作に影響を及ぼす可能性があります。
用途に応じたスペック、安定性のレベルを決める必要があります。

費用対効果

文字の通り、費用に見合った運用が望ましいため、用途に応じて必要以上に高いスペックのサーバーを採用することはおすすめしません。
スペック面やサービスに特に必要性がなく少しでも安価に抑えたい場合は共用型のレンタルサーバーで一番安い業者を選ぶのが良いです。

保守運用における負担

カスタマイズ性が高く、柔軟にシステム構成を変更できるサーバーである程、高機能を実現しやすい分サーバーの保守や維持に関する作業負荷が大きく発生します。
また知識やスキル面でもIT基盤やネットワーク、データベース、セキュリティに関する知見を必要とします。ビジネスでの利用を想定し、かつスキルを有する運用担当者をアサインできる場合は問題無いですが、厳しい場合は「マネージド・サービス」という管理運用をサーバー提供事業者に委託できるサービスを利用する方法もあります。

ではこれらをふまえて比較してみましょう!!

スポンサーリンク

レンタルサーバー比較 2018年版


業者 費用

独自
ドメイン

SSL

共用
サーバー

専用
サーバー

VPS
サーバー

クラウド
サーバー

ロリポップ


ムームードメイン


Let’s Encrypt


月515円


Managed
月980円〜

さくら
インターネット


Let’s Encrypt


月500円


4コア 月9720円


1G 月972円


4コア 月5616円

ConoHa


Let’s Encrypt


月960円


1G 月810円


4コア 月5900円

お名前
.com


Let’s Encrypt


月1300円


1G 月890円


2G 月4660円

Xサーバー


Let’s Encrypt


月1200円


Sixcore
6コア 月30000円


wpX
容量10G 月500円

スターサーバー


Let’s Encrypt


Managed
月500円〜

WDAX


Let’s Encrypt


月1180円


Managed
4コア 月36720円


Managed
月151200円〜

*最低限WordPressが動作する前提で想定

個人向けで悩ましいのであれば用サーバータイプにしよう

個人向けでまずは勉強を兼ねて始めたい!ということであれば初期費用が安価で済む共用サーバータイプのサービスで問題無いです。
それに加え独自ドメインも使え、かつ無料のSSL認証も利用できるのもポイントです。(無料SSL認証が使えない場合、高額になります)


スポンサーリンク

おすすめレンタルサーバー 2018年版


ロリポップ!レンタルサーバー

・利用実績200万件以上!!170万人に選ばれています。規模がすごい。
・なんといっても安い!共用サーバープランが非常に安価で気軽に始められます。
・WordPress簡単インストールも可能。
・専門サポート体制も充実。電話、メールチャットで対応可能。
・GMOインターネットグループによる運営



さくらインターネット

・自社データセンターを有し高度なセキュリティと堅牢な設備で運営。
・ニーズに合わせ専用サーバーから専用、VPS、クラウドと幅広く対応。
・安価である事に加え、提供サービスプランが多岐に渡っています。
・サポート体制充実。電話、メールチャットで対応可能、Webサイトには混雑予想マップもあります。

ConoHa

・2018年9月26日提供開始!
・共用サーバーとして提供されていますが実質的にはマネージド仮想サーバーの形態です。VPSの良いところと従来の共用サーバーの良いところを合わせたサービスとなっています。
・国内レンタルサーバーサービスのなかで処理速度最速!サーバー処理能力が優秀です。
・更に何と言ってもすごいのが自社製のWordPressかんたん移行ツール。移行元の情報を入力するだけで移行可能。



お名前.com

・GMOインターネットグループが運営するドメイン取得サービスであるお名前.comのレンタルサーバーサービスです。安くドメインを入手しそのままサーバーで利用できます。
・WordPress簡単インストールも可能。
・専門サポート体制も充実。電話、メールチャットで対応可能。



Xサーバー

・アフィリエーターに人気のサーバーサービス。導入事例も非常に多いです。
・マルチドメイン、サブドメイン、FTPアカウント、メールアカウント、全て無制限。
・上記安価を売りにしたサービスに比べると月額900円〜と少し値がかかるのですが、それを上回るサーバー処理速度と99.99%の稼働率を保証する安定性を実現しています。費用に見合った快適さを提供してもらえます。高速化に寄与するPHP7、HTTP/2導入。
・WordPress簡単インストールも可能。
・専門サポート体制も充実。電話、メールチャットで対応可能。



スターサーバー

・2017年8月にミニバード、ファイアバード、クローバーの3ブランドがスターサーバーに統合されました。
・クラウド型共用サーバー、共用サーバーのお手軽感に加え、クラウドの拡張性も有しています。
・10Gで月額126円!と非常に安い!お試しでWebサイトを構築してみるのも良いです。
・WordPress簡単インストールも可能。
・急なアクセス増加にも対応可能な即時プラン変更などが特徴。



コメント