WordPress.org と WordPress.com は別物!違いを解説

WordPress

みなさんこんにちわ、にゃーお。です。

「WordPress」をご存知でしょうか?
ブログを立ち上げようと思い、調べてみると1度は目にした事があると思います。今回は「WordPress」をご紹介しつつ、提供形態に違いのある「WordPress.org」と「WordPress.com」の違いについてポイントを紹介したいと思います。(やれる事に違いがあるので注意!)


スポンサーリンク

WordPressって何?


ブログを作ろうとしたとき、ブログサービス提供業者を決めてレンタルして利用するか、サーバーを用意して自分で作ったブログのデータをサーバーにアップロードして公開するか、やり方は色々あります。
このなかで、いちからHtmlやCSSを駆使して多機能なブログを自分で作るのって大変ですよね、これを最初から一通り用意してくれて記事を書く事に最初から専念できるブログソフトウェアが「WordPress」なんです。

WordPressとは自分でカスタマイズ可能なブログに必要な機能が一通り用意されたソフトウェア。

上記画像はWordPress.orgのトップページです。
ここに「オープンソースソフトウェア*」と書いてありますよね。これはブログソフトウェアに必要なソースコード(プログラム)をWebで一般公開して自由にシェアできるようにしたものです。もちろん無料です。
※GPLライセンス

ちなみにマスコットキャラもいたりします^^ かわいいね

わぷー (Wapuu)

WordPressの何がいいの??

最初からブログに必要な機能を一通り用意してくれるWordPress、特徴は以下の通りです。

1.カスタマイズ性が高い!!独自性が出しやすい!

WordPressの際たる特徴、それはカスタマイズ性です!
有償から無償まで多くのクリエイターがデザインしたブログ用テンプレート(「テーマ」と呼びます)が揃えられています。WordPress導入後、好きなテンプレートを選んで設定するだけ!で導入できるのですが、これだけでプロ顔負けのおしゃれで素敵なデザインが実現できます。
またテーマによりますが、ヘッダー・フッターから記事レイアウト、トップ画面の見せ方やサイドバーのメニュー構成など、自分で自由に設定できます。
さらに「テーマのカスタマイズ」を行う事も可能です。HTMLやCSSを使って編集できます。

2.拡張性も高い!!プラグイン多数!

プラグインとは後から追加可能な、機能パーツ(ブログパーツ)です。ブログを作っていく過程で自由に追加できます。例えばこんな感じ。
・ブログに簡単にスマホ向けプッシュ通知機能を組み込める
・広告の表示方法を指定できる
・投稿記事やカテゴリーの並び順を簡単に変更できる
・アップロードした画像ファイルの編集
・ブログ記事の目次作成
・SNSシェア数の表示
・セキュリティ(不正アクセスチェックなど)
・ブログのバックアップ

プラグインが多すぎわからん!という人向けに後日オススメを紹介する記事を書いてみたいと思います。

3.サーバーやデータベース、ドメインなど自由に選べる

これは一般的なブログサービスとの比較になってしまいますが、自分でレンタルサーバーを選んだりWordPressをインストールしたり。。。と手間はかかりますが、自分の用途や予算に応じて好きなものを選べますのでブログを幅広く使う事ができます。
レンタルサーバーによるサービスの違いを比較した記事を以前作りましたのでよろしかったらご参考ください。

利用するサーバーを選ぼう!サーバー比較(2018年版)
みなさんこんにちわ、にゃーお。です。ブログサービス提供業者をチェックしてドメインを決めて・・・いざ契約!!と思ってもちょっと待った!更にもう一歩踏み込んで検討する必要があるんです。情けないことに管理人のにゃーお。は3回もやり直しました。。と
レンタルサーバー契約どこがいい?? サービス比較 2018年版
みなさんこんにちわ、にゃーお。です。前回はサーバー導入にあたり「サーバーって何?」からはじまり、サービスの違いを比較する記事を書きました。今回はこの記事をふまえ、サービスを提供している業者を比較してみたいと思います!比較のポイント今回比較す

4.アフィリエイトの制約が無い!

アフィリエイトも目的にしているブログを作りたい方も多いと思います。一般的なブログサービスを使う場合、Google Adsense 等使用できないケースが多いですがWordPressであれば可能です。
他にも広告制限がある一方で、ブログサービス事業者が用意する広告は強制で表示してしまうなど、外観を損ねるような事はありませんのでブログの目次に合わせた自由な設定が可能です。


スポンサーリンク

WordPress.orgとWordPress.comの違い


さて、今回の記事の本題の話です。
記事を読んでみて、「おっWordPressって良さげだね、早速ググって使ってみよう」と思った方はちょっと注意してください。出来ることに違いがあるため、気を付けないと失敗したーーーーとなります。
これはやっちまった人、多いんじゃないんでしょうか・・・にゃーお。は良く調べもせずやっちゃいました。高い有料プラン契約しちゃったりして(泣)

ブログサービス型と自分でインストール型という違いがあるんです

● WordPress.org: 自分でインストール
WordPress.org サイトにアクセスし、自分でブログ用のソフトウェアをダウンロードして用意したレンタルサーバー等にインストールする必要があります。
● WordPress.com: WordPressを使ったブログサービス(実質有償)
一般的なブログサービスと同じく、最初からインストールされた状態で用意されています。ログインして記事をいきなり作成することが可能です。パッと見、らくちん。

WordPress.com:レンタルブログサービス型の特徴とメリット

WordPress.com で簡単にサイトを作成しましょう
WordPress.com に登録すれば、無料のサイトやブログを簡単に作成できます。カスタマイズ可能な何百ものモバイル対応デザインやテーマを利用でき、ホスティングとサポートも無料です。

WordPress.com はAutomattic社が提供するレンタルブログサービスです。
一般的なブログサービスと同様、まずホームページにアクセスしてアカウントを作成する所から始まります。アカウントを作成後、利用するWordPressサービスをプランから選択します。無料で利用できるプランもありますがやれる事はかなり制限されます。

プランは4つ。

1.無料プラン
0円。とくにかくお試しで始めたいという時はこちら。
独自ドメインが使えない、WordPressの特徴でもあるプラグインの導入に制限がある、テーマのカスタマイズに制限がある、wordpress.comの広告が強制で出てしまい非表示にできない。など自由度は無い。

2.パーソナルプラン
月額400円(年額4800円一括払い)、カスタマイズ性は無料プランとほぼ変わらず(強制広告は非表示にできる)ですが、独自メインが使用できます。特にドメインネームサーバーの設定も不要ですのでココらへんは楽チンですね。

3.プレミアムプラン
月額900円(年額10800円一括払い)、アフィリエイトを目的とした場合、このプランからでないと利用できません。それでも制約が多く、GoogleAnalytics、GoogleSearchConsoleは使えません。
カスタマイズ性は多少拡張、しかしプラグインは相変わらず自由に入れられません。テーマのバリエーションは増えますが、基本有料です。。

4.ビジネスプラン
月額2900円(年額34800円一括払い)、ここでやっとテーマのカスタマイズや広告、SEO対策用の機能が拡張されだいぶ使い勝手が良くなります。GoogleSearchConsoleはここから使えるようになります。

メリット
やはり一般的なブログレンタルサービスと同様、メリットは自分でサーバーやデータベース、ブログ用のソフトウェアを用意せずとも、アカウントを作ればすぐに記事作成に取り組めるという点ですね。
特に専門知識も不要ですし、サーバーを意識する必要がありませんので気軽さは非常にあります。
一般的なSNSを通したコミュニケーションや情報の公開を目的としていれば全く問題ありません。
デザインに関しては自由なプラグインを導入できなかったり、テーマも限られていますのでカスタマイズ性が厳しいのと広告関連の制約も大きいため、やりたいことが多くあってサービス提供側にあまり縛られたくない場合はデメリットになると思われます。

WordPress.org:自分でインストール型の特徴とメリット

ブログツール、パブリッシングプラットフォーム、CMS - WordPress
簡単に美しいサイト、ブログ、アプリを作成するのに使えるオープンソースソフトウェア。

WordPress.org はWordPressソフトウェアを提供しているコミュニティサイトです。
トップページからソフトウェアをダウンロード、サーバーを用意してインストール(ファイルを一式、所定のサーバーのフォルダにアップロード)することでブログの編集が可能になります。
サーバーの費用は利用するサービスによっては無料から有料までありますが、ソフトウェア自体は無料です。カスタマイズや機能制限も全くありません。

メリット
インストール型の場合は全て自分で自由に設定・変更ができますのでその自由度やカスタマイズ性がメリットとなります。
多少ノウハウや知識が必要になりますが、HTMLやCSS、Javascriptも追加は編集ができますのでブログやWebサービスにオリジナリティを出したい場合やビジネス・収益を目的に考える場合はインストール型の方が理想的です。
また標準的に独自ドメインや、SSL等のセキュリティも設定可能ですのでSEO対策やクオリティのあるコンテンツが提供しやすいかと思います。


スポンサーリンク

終わりに


WordPressと一言でいっても提供形態や出来ることに違いがある事が分かったかと思います。用途や必要な機能に応じて選択しましょう!
ちなみに WordPress.comは年単位で登録して費用を支払うのですが、解約することで残期間分きちんと返却されますので、試しに高額のプランを使ってみるのもありかもしれません。

コメント