初心者でもわかる!FTPツール「FileZilla」導入&操作方法 Mac版

tool

みなさんこんにちわ、にゃーお。です。
WordPressで作成したブログを運営するなかで、ファイルの編集やバックアップを取りたくなる事ってありますよね。
そんなときFTPツール(FTPファイル転送ソフトウェア)を使うと便利です。
今回は無償のFTPツール「FileZilla」について解説したいと思います。


スポンサーリンク

FTPって何??



FTPとは「File Transfer Protocol」の略称で、ファイルをネットワーク上でやりとるする際のルール(=プロトコル)です。
通信の方法についてルールが決まっており、これに基づいた実装をして通信されています。
ブログを作るとき、PC上のファイルをレンタルサーバーなり、自分で用意したサーバーにアップロードする事があると思います。もしくは何かファイルをインターネットからダウンロードする事がありますよね、このときのアップロード/ダウンロードの仕組みをFTPと呼びます。

この時、ファイルの送受信を行う際に簡単に行えるようツール化したものをFTPクライアントアプリと言います。
今回ご紹介する「FileZilla」はこのFTPクライアントアプリの1つです。

FTPツールの特徴

FTPツールで出来る事は次の通りです。
・FTPサーバーにアクセスしデータの編集を行なう。
・ファイルのアップロード&ダウンロードを行う。

WordPressの場合、複数のPHPファイルが動的にリンクすることで1つのWebページが作られます。
このツールを使うことで、必要なファイルをピンポイントで操作して編集する事ができるんです。

では早速FileZillaについて解説していきましょう!

スポンサーリンク

FileZillaのインストール (Mac編)


FileZilla - The free FTP solution
FileZilla - The free FTP solution for both client and server. Filezilla is open source software distributed free of charge.

FileZilla公式Webサイトからファイルをダウンロードします。
Windowsの場合はこのトップ画面の「Download FileZilla Server windows only」をクリック、Macの場合は「Download FileZilla Client all platforms」をクリックします。

今回はMac編ですので、こちらから「Download FileZilla Client」をクリックします。

有償版の FileZilla Pro と無償版の FileZilla を選べます。
ここはいったん無償版の方をクリックしましょう。

dmg形式ファイル(インストール用仮想ディスクファイル)でダウンロードされます。
ダブルクリックしましょう。

セットアップウインドウが表示されます。ライセンス条項について記載があります。「Agree」をクリックしましょう。

展開後、デッカイww 実行ファイルのアイコンが表示されますのでクリックしましょう。
インストールが開始されます。




途中のオファーはどんどんスキップしてしまいましょう。

これでインストール完了です。


スポンサーリンク

FileZillaの使い方 (Mac編)



実行ファイルをクリックして起動させるとこのような画面が表示されます。

左側赤枠がローカル環境(PC内のフォルダーツリー)、右側青枠がFTPサーバーの情報が表示されます。
「ディレクトリ」という呼び方をしますが、フォルダー構成のツリーをイメージして頂ければOKです。
このディレクトリ構造が表示されます。

FTPサーバーへのログイン

さて、今回の記事ではFTPサーバーへアクセスしてファイルを操作する所までやってみたいと思います。
まずFTPサーバーへアクセスしましょう。
アクセスするにはログインが必要となります。。。。ログイン????

ロリポップ!レンタルサーバーの例
レンタルサーバー業者と契約してWordPressを使用する場合、FTPサーバーのログイン情報を登録していますのでまずこの情報を確認してみましょう。(すでに設定済という前提で話を進めます)
※やっかいなのですが、レンタルサーバーによって微妙に呼び名が違っていたります。WordPressがインストールされているサーバーだと思ってください。

まずロリポップユーザー専用ページにアクセスしましょう。
メニューバーから「ユーザー設定」->「アカウント情報」をクリックします。

赤枠で囲っている箇所をメモしましょう。これがFTPサーバーにログインするために必要な情報です。

さて、再度FileZillaの画面。
左上のアイコンをクリックしてください。

FTPサーバーの登録ウィンドウが表示されます。

まず「新しいサイト」をクリックし、先程メモした「FTPホスト」「ユーザー名」「パスワード」を入力します。「暗号化」の箇所ですが、画像の通り「FTP over TLS」にしておきます。
あとは「接続」をクリックしましょう。

途中で「サーバー証明書が不明です」とエラーを出すケースがあるかもしれませんがここでは無視して構いません。「OK」をクリックしましょう。

これでFTPサーバーにアクセスできました。
最初はディレクトリの最上位層が表示されています。フォルダアイコンに「?」が付いていますが、クリックすると対象のディレクトリ内の読み込みが行われ、中身の階層の表示と共に「?」マークが消えます。

FTPサーバーのファイル操作

では本記事のゴールになるファイル操作をやってみましょう。

今回はFTPサーバーのWPディレクトリ内にある「themes」フォルダのテーマファイル「twentyfifteen」をコピーしてPCに保存したいと思います。
分かりやすくローカルPCのデスクトップを指定します。

やり方はいたって簡単!FTPサーバー側の移したいファイル(フォルダでもOK)をローカルPC側の移したいディレクトリ(フォルダ)へドラッグするだけ!!
今回はローカルPC側のデスクトップでドラッグしました。

するときちんとデスクトップにファイルがフォルダごとコピーされています。

メニューにある更新のアイコン(赤枠)をクリックすると最新の状態に表示が更新されます。

すると、きちんとローカルPC側のディレクトリにも表示が反映されています。

逆にローカルPC側からFTPサーバー側へアップロードしたい場合も同じようにドラッグすることでファイルを操作できます。

これでいつでもFTPツールでファイルのアップロード/ダウンロードができますね^^


スポンサーリンク

さいごに


FTPツールを使う事でローカル環境でファイルを更新して内容反映を確認した後にFTPツールを使ってファイルをアップロードして・・・といった使い方もできます。
またファイルが多いと時間がかかりますが、まるっとファイルをバックアップとしてローカル環境に保存する事もできます。
ぜひ使い方に慣れて活用してみてください!

コメント