Google Adsense 設定方法 & 貼り方のコツ

Google Adsense

みなさんこんにちわ、にゃーお。です。

先日Google Adsenseの審査が無事に通りましたので、早速色々と設定してみました。
果たしてどれだけの効果があるのか!?今回は設定方法と貼り方をご紹介しつつ、今後効果結果について定期的にカット&トライしながらレポートしていきたいと思います^^

Google Adsense審査におけるポイントについてはこちらの記事をご参考ください。
https://zeroblo.net/2018/10/11/post-574/

では審査突破後に必要なステップについてご紹介します。

スポンサーリンク

広告コードの取得



https://www.google.co.jp/adsense/start/#/?modal_active=none
まずこちらのGoogleAdsenseホームページにログインします。


左上のホームボタンをクリックするとメニューが表示されます。
「広告の設定」をクリックしましょう。

クリックすると設定メニューがずらっと表示されますので、今回は「広告ユニット」をクリックします。

今回新しく広告コードを取得したいので「+新しい広告ユニット」をクリックします。

広告の種類を選べます。これは色々試してみるしか無いですね、定番は「テキスト+ディスプレイ広告」です。今回はこちらをクリックしましょう。

設定する広告ごとに名前を設定できます。名前を記入しましょう。
サイズは推奨のレスポンシブタイプのままで「保存してコードを取得」をクリックします。

すると「広告ユニットを作成しました。」と表示されます。
まんなかにある「広告コード」を全てコピーしましょう。後で貼り付けします。

その後画面が切り替わり、最初に「+新しい広告ユニット」をクリックした画面に戻ります。
新しく設定した広告がリストに追加されていますので後で設定変更が可能です。

次にいつもWordPress管理画面にログインし、「Cocoon設定」をクリックして設定画面を表示させます。

「広告」タブをクリックし、「広告コード」欄に先程コピーしたコードを貼り付けましょう。

ここで1つポイント!
最初に作成されたコードは「data-ad-format」の値が”auto”になっています。この値を”rectangle”(レクタングル)に変えておきましょう。そのまま書き換えで保存してOKです。

あともう1つ、この入力欄に注意書きがあるとおり、利用しているサーバーによってはファイアウォールの設定により保存が行われず、403エラーが表示される事があります。
この場合は設定する際にはいったんファイアウォールの機能を切って後でONに戻すようにするか、ホワイトリスト型(許可設定ができる)場合はホワイトリストにくわえておけばOKです。

最後に広告の表示位置を設定します。表示したい箇所にチェックを入れていきましょう。

反映に数分かかりますがこれで完了です。

スポンサーリンク

表示や設定のポイント



以下設定するうえでのポイントです。

アドセンスポリシーの遵守

これは結構注意深く確認しながらやらないとまずいと思います。違反になると1ヶ月アカウント停止になり、広告が表示されなくなるようです。うっかりやらないよう注意しましょう。

・記事に対して広告の数が多すぎる
 さすがに空の記事に広告だけ貼るような事は無いと思いますが、極端にいえばそういう事です。
 記事にみあった広告の数にしましょう。以前は広告ユニットは3つまでという制限がありましたが現在は「過度な」設定で無ければ良いようです。

・意図的に広告クリックを誘導させるのはNG
 ページの操作に追尾する広告や故意に誘導するテキストの掲示もNGとのこと。

・スマートフォン利用時に、記事に対して広告表示が大部分を締めてしまう。
 スマートフォン用に表示したときの広告表示がレクタングル大(336×280)と自分で設定しまうとNGです。ここらへんはレスポンシブ設定になっていればUIに応じた表示に変更されますので安心です。

・グローバルメニューが広告を隠してしまう
 これは以外とむずいかも。できれば広告を出したいのですが広告を覆ってしまうとNGです。
 メニュー構成上難しい場合は記事やトップページ上部の広告は外しましょう。

・自分で広告クリック
 これもうっかりやってしまいアカウントが止まってしまうケースがあるようです。注意しましょう。
 

広告配置のポイント

初めたばかりでノウハウの無い人でもある程度実践的な工夫はできます。A8.net等のアフィリエイトサイトに登録しましょう。審査が通ると広告コードが取得できるのですがその際に広告種別によるクリック率の情報が提示されます。結構参考になるデータですよね。

以下のポイントを踏まえ配置してみましょう!

・広告の形状は長方形
 明らかに長方形型の方がクリック率が高いようです。

・広告は以外とテキストでもいける
 これは以外ですが、ユーザーの広告ニーズを捉えれば画像が無くても問題無いようです。

・リンクユニットを設置
 これにより広告実績が増大したとの記事が多くあります。ぜひ参考にして取り入れましょう。記事にあったキーワード広告が貼られ、ガチャガチャとした広告にならないため邪魔っぽく無いんでしょうね。

・アイキャッチ画像の下+記事最後+関連記事型広告が定番?
 ユーザーは知りたい情報があり興味あってWebサイトに訪れているはずです。知りたい情報があるのにいきなり最初から広告ずくしでは嫌になりますよね。最初は広告は表示せず、目次前後にしておきましょう。

スポンサーリンク

さいごに



当ブログも開始してまだ1ヶ月経っていないため様子を見ながらトライしていくしかないですが、日々改善して効果を出していきたいと思います。その過程で得たノウハウは記事にしていきたいと思いますので是非ご参考ください。

コメント