【WordPress Ping Optimizer】2018年11月最新版 Ping送信先おすすめ

WordPress

みなさんこんにちわ、にゃーお。です。
唐突ですが、Ping送信してますか??ブログを始めるうえでアクセス数のアップや検索向上につながる必須でやっておくべき設定の1つです。
今回はPingの解説から始まり、最新のオススメ送信先(コピペ設定でOK!)を記事にまとめたいと思います^^

スポンサーリンク

Pingとは??






今回の記事で解説する「PING(ピン/ピング)」とは、Webサイトのコンテンツが更新された事を通知するための仕組みのことです。
「PINGサーバ」と呼ぶPING情報を受信するサーバがあり、更新通知を受信するとサーバーのインデックス(管理データベースのようなもの)に登録され、Pingサーバーと連携するサイト(例えばGoogle等のブログ検索サイトやブログランキングサイト)に更新情報を載せてくれるようになります。
つまり、マメに更新の度に通知が出来れば検索サイトに載りやすくなるんですね、これをやらない手は無いっす!

※注意!
従来の、ICMP(Internet Control Message Proに基づくサーバー応答の確認に使われるPINGコマンドの話(サーバ等の死活監視)とは別物です、ややこしい。。。wikiなんかでも分けて解説されてますね。

Ping (blogging) - Wikipedia


スポンサーリンク

Ping通知の仕組み



上記の通り、「PING」とはPING情報を受信するPINGサーバーに更新情報を送る仕組みです。
通知の中身はXML-RPCというプロトコル(仕組み)に基づいたXMLというファイル形式のデータで「ブログの名前」や「記事タイトル」「概要テキスト」「URL」といった情報をまとめて送信してくれます。まぁRSSみたいなものですね。
PINGサーバーがこの情報を受信すると検索エンジンのクローラー(Botのようなものです)がWebを巡回するようになり結果検索結果に反映されるようになります。

このPING通知の設定、めんどくさそうですよね。
FC2やJUGEM、Ameblo、 livedoor blogといった有名所のブログサービスを利用する場合、設定をONにするだけで自動で送ってくれるようになります。超便利!
WordPressを使って自前でブログを公開している場合は今日ご紹介するプラグイン「WordPress Ping Optimizer」で自動送信可能です。これも便利!
サポートされていないブログサービスを利用、もしくはいちから自作で作っている場合はツールを利用する等して自分で設定が必要となります。

スポンサーリンク

Ping通知のオススメ



更新情報を通知するってことは結果として色々良い事があるよ!というポイントをまとめました。

① Google等のブログ検索サイトに速攻で登録される。
 上記の通り、PINGサーバが受信するとサーバが持つインデックスが更新され検索エンジンのクローラーがアクセスし始めます。
 するとすぐに検索結果に記事が反映されやすくなります。

② 日本ブログ村等のブログランキングサイトに登録される事で外部からのアクセス増が期待される。
 ただしブログ名や扱うテーマ、記事名など興味を持ってもらえるような工夫が必要そうですね。難しい!

③ PINGサーバーが連携するサイトに登録されることで被リンク効果が得られアクセス流入アップが見込めます。

スポンサーリンク

Ping送信先おすすめ



http://rpc.pingomatic.com/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.fc2.com/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://blog.with2.net/ping.php/
http://ping.blo.gs
http://ping.feedburner.com/


PING受信できないもの
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2 
http://ping.bloggers.jp/rpc/

複数回Ping送信が「エラー」となって帰ってきたURLです。
現時点ではPing送信先として推奨できません。


※注意!
PINGサーバはそれこそ星の数だけあるのですが、全部やるべきかといえばそうでも無いです。
運営が不安定ですぐに閉鎖したり、リンクを悪用する不正サイトの可能性もあります。
以下に注意して最低限設定しましょう。定期的な設定見直しも必要です。

・知名度、信頼性、実績
・アクセス可能かどうか、PING通知送信が正常に行えるか。(結構普通にエラー出まくります)
・不正サイトでないかどうか。

※更に注意!
複数送信すれば効率アップじゃない??というアイデアが浮かぶかもしれませんが、複数連続して通知が送られるとスパム(不正)認定され受信が拒否されてしまいます。上記のように送信先を気をつけるのに逆に自分のサイトが不正扱いを受けないよう注意が必要です。

スポンサーリンク

Ping送信プラグイン【WordPress Ping Optimizer】



上記ping送信先をコピペするだけでOK!簡単に設定できるWordPressプラグインのご紹介です。
WordPress Ping Optimizer」は名前の通りPING通知の最適化を行ってくれるプラグインです。

早速インストールしてみましょう!
いつものWordPress管理画面から「プラグイン」->「新規追加」をクリックします。「revision」等で検索しましょう。トップに出てきます。

「今すぐインストール」をクリックしてインストール完了後に「有効化」をクリックします。
WordPress管理画面の「設定」メニューに「WordPress Ping Optimizer」が追加されますのでクリックすれば設定画面になります。

設定はシンプル。上記PING送信先のURLをコピペするだけです。

コピペ後、「save settings」をクリックしましょう。これで完了です。後は自動で通知を送ってくれます。

後で確認するとログが設定画面に出るようになります。
送信エラーが出るとエラーと表示されるようになりますので定期的に見直しをかけましょう。

コメント