【BTC】マイニングマシンリリースラッシュ、Bitmain社 Antminer S15 / Ebang社 EBIT E11+ 37T

BTC

2018年11月8日、Bitmain社はビットコインマイニングマシン、「Antminer S15」と「Antminer T15」をリリース。「Antminer S15」は即完売となった。
「Antminer S15」は23TH/sものハッシュパワーを1ユニットで実現できる。

https://blog.bitmain.com/en/the-7nm-antminer-s15-and-t15-are-now-available-for-purchase/

1つのユニットに10億個以上のトランジスタを集積したBitmainの7nmチップを採用し長時間のエネルギー効率化を実現。

■ Antminer S15 1,475ドル

・ハイパフォーマンスモード:57J/THという低い電力効率で28TH/sのハッシュレートを実現。
・省エネモード:50J/THに抑え、ハッシュレートを17TH/sに維持。

■ Antminer T15 9,13ドル

・ハイパフォーマンスモード:67J/TH の電力効率で 23TH/sのハッシュレートを実現。
・省エネモード:60J/THに抑え、ハッシュレートを20TH/sに維持。

また、Ebang社も「Antminer S15」より50ドル高い1500ドルでハイスペックな「Ebit 11+」の予約販売受付を開始。

EBIT E11+ 37TH/S with PSU (Sold out) - Ebit  - Ebit Miner
EBIT E11+ 37TH/S with PSU (Sold out)

1.5倍の37TH/sのハッシュパワーを実現できる。ただし50ユニット単位の注文が必要。
75000ドルの投資により、1,850TH/sという膨大なハッシュパワーを得る事ができるが、マイニング費用に関するシミュレーションをWeb上で行えるCoinWerz.comによる計算上では回収するには半年以上の稼働が必要といわれている。

Bitcoin Mining Calculator and Profitability Calculator - CoinWarz - SHA-256 Hash Rate 23,000.00 GH/s
CoinWarz Bitcoin mining calculator and Bitcoin profit calculator. Enter your mining rig's hash rate and the CoinWarz Bitcoin mining calculator and Bitcoin profi...

仮想通貨市場全般が低迷し規制強化が進む状況のなか、各種マイニングメーカーは更なるスペックの強化と市場におけるシェア確保に必死だ。

Bitfain Groupは、Bitmainが製品発表するわずか24時間前に「Bitfury Clarke」と呼ばれる独自の14nm ASICチップを発表した。
これはSHA256 Bitcoinマイニング向けにカスタマイズされたASICチップでBitmain社の当モデルと競合する。

また米国の大手半導体メーカーAMD社は、2018年第3四半期時点では仮想通貨マイニングによる売上高は「無視できる」レベルと報告していたが、現在は主要テクノロジー企業と提携し「ブロックチェーンコンピューティングソリューション」として販売されている8つの新しい仮想通貨マイニングデバイスを製造している。
これらの企業には、サファイア、ASRock、ASUS、MSI、TUL、Biostarがある。

以前と比べビットコインはディフィカルティが上昇し、これらハードウェアマシンの計算処理も向上しているが利益率が低下しているため利益を出すには極力多くの機材を購入し電力費用が少ない地域で長期間稼働させるしかないため、リスクを含む大きな投資となる。
しかし現物を確実に継続的に入手できるため、利益率さえ維持できればこれにより大きな利益を得る事ができる可能性もある。



Reference:
CCN: https://www.ccn.com/bitmain-releases-antminer-s15-how-it-stacks-up-against-competitors/
Bitcoin magazine: https://bitcoinmagazine.com/articles/bitmains-new-7nm-chip-miners-are-available-purchase-today/

****************
にゃーお。注記:

1年前と比べ、ビットコインはディフィカルティ(採掘難易度;計算速度に影響)が上昇している影響からビットコインの生成量は激減しています。
現時点で 20TH/sで約 0.001BTC/日 生成する程度です。この数値は仮想通貨のハッシュレートに基づくマイニングマシンのハッシュパワーに依存します。
ここらへん、夢が無く寂しいですが1年前とは状況が変わりすぎているため、ネットで情報を見る際にはご注意ください。

少なくとも日本では個人で自前でマイニングするには電気代が高すぎて利益が出ません。
やるのであればまだまだ価格が安く競合が少ないアルトコイン系で自前でやるか、クラウドマイニングがベターです。
いずれも初期投資はそれなりに必要になりますので、損益分岐点のシミュレーションは慎重に。

コメント